CAD・BIMの勉強×就転職支援のオンラインスクール

Jw_cad 基礎講座

無料で使えるCADソフトウェア「Jw_cad」の基礎講座です。
コマンド操作が分かる方を対象に基礎的な作図に取り組みます。

講座概要

オフィスビルの作図演習を行いながら、コマンドの操作方法、作図手順を学習することができます。
数多くの現場を経験してきた講師による講義で、現場に役立つ知識を身につけることができます。
単に操作方法を学習するだけでなく、実務作業で役に立つように、正確に効率よく作図できる様々な機能や編集の工数が削減できるテクニックを学ぶことができます。

対応ソフトのバージョン : 8.10b(Windows版)

Jw_cadは建築分野の2次元図面を作図することのできる
フリーソフトウェアです。

Jw_cadは、無料で使える2次元汎用CADです。
建築士が開発したソフトのため、建築汎用CADとも呼ばれています。
無料ソフトウェアですが市販のCADソフトウェアに劣らず操作性がよく、主に建築業界をはじめ、機械・アパレル業界など広く使用されています。

身に付くスキル・活躍の場

Jw_cadによる作図の基本操作スキルが身につく
・建築の平面図・立面図を一から作図するスキル
・建築図面の見方などの基礎知識
CADオペレーターとして簡単な図面修正に対応可能なレベルへの到達を目指します。

こんな方におすすめ!
  • Jw_cadのツールの使い方については理解しているが、実際にデータの作成レベルを行なったことが無い方
  • Jw_cad入門講座」を修了している方
レッスン内容
  • Chapter1 建築図面の概要、基本設定、通り芯の作図、通り芯符号の作図、柱の作図
  • Chapter2 外壁、内壁、開口部の作図
  • Chapter3 建具の作図、図形登録、階段の作図
  • Chapter4 文字の配置、寸法の配置
  • Chapter5 立面図:通り芯の作図、通り芯符号の作図、フロアレベルの作図、外壁の作図、建具の作図
  • Chapter6 立面図:図形登録、敷地の作図、寸法の配置
カリキュラムをすべて見る ≫
サンプル動画を見る

POINT[Jw_cad基礎講座のポイント]

POINT1

反復して操作が行えるような解説動画

Jw_cadでよく使用するコマンドを使用して建築平面図及び立面図を作成し実践でCADを使用する一連の流れを 習得することができます。

POINT2

即戦力を目指したカリキュラム

Jw_cadを使って建築、機械の現場で製図を担当した講師による現場で使えるスキルを盛り込んだカリキュラムです。
機械製図、建築製図ともにオペレーションだけではなく製図の知識もインプットできます。

POINT3

講義と課題で知識の定着を目指す

講義を見るだけでは、理解はできてもスキルがすぐに身につくことはありません。
各chapterごとに課題が用意され、学習した内容を反復練習することができ、 学習の成果をしっかり身につけることができます。

SYSTEM[学び続けたくなる仕組み]

バッジ機能学習進捗のサポート

「2日連続ログイン達成」や「AUTOCAD 基礎講座修了」など学習者が学習を進めたりサービスを活用したりすると、報酬として学習者にバッジが付与されます。求人企業は学習者のバッジ取得数から学習者を探すことができます。
また、バッジをより多く取得することで企業からのスカウトが届く機会が増えるため、学習者の学習意欲を向上させることに繋がります。

足あと機能企業が気になる受講生を応援できる

学習者はプロフィールや学習履歴をどの求人企業が閲覧してくれたのかを確認できます。
学習者は自分の情報を求人企業が閲覧してくれたことを知ることで、学習意欲向上と求人先企業への就職意欲向上に繋がります。

CURRICULUM[カリキュラム]

01 環境設定
01 環境設定
02 レイヤの設定
02 レイヤの設定
03 通り芯の作図
03-A [線]コマンド
03-B [複線]コマンド
04通り芯符号の作図
04-A [円]コマンド
04-B [文字]コマンド
04-C [複写]コマンド
04-D [文字変更]
05 柱の作図
05-A 柱-[矩形]コマンド
05-B 柱-[クロックメニュー – オフセット]
06 課題
06 課題
07 終了処理
07 終了処理
01 ファイルの保存
01 ファイルの保存
02 外壁の作図
02-A [2線]コマンド
02-B [包絡]コマンド
02-C [2線]コマンド – 指示線包絡
03 内壁の作図
03-A [コピー & ペースト]
03-B [複線]コマンド – 両側複線、連続線選択
03-C [包絡]コマンド
04開口部の作図
04-A [複線]コマンド-端点指定
04-B [包絡]コマンド-中間消去、[消去]コマンド-節間消し
04-C 課題
05 終了処理
05 終了処理
01 ファイルの保存
01 ファイルの保存
02 建具の作図
02-A 建具-引き違い窓の作図-[伸縮]コマンド – [突出寸法]
02-B 建具-片開き戸の作図-[円]コマンド–[円弧]
02-C 建具-FIX窓-[複線]コマンド
02-D [図形登録]コマンド
02-E [図形読込]コマンド -[倍率]
03 階段の作図
03-A [コーナー処理]コマンド
03-B [複写]コマンドー[連続]-段鼻の作図
03-C [線]コマンド-[矢印]-昇降記号の作図
03-D 課題
04終了処理
04 終了処理
01 ファイルの保存
01 ファイルの保存
02 エレベータ室の作図
02-A エレベーター室のドアの作図-[矩形]コマンド
02-B エレベーター室の作図-[オフセット]コマンド
03 家具の作図
03-A ソファの作図-1人掛けソファ-座面-[面取り-丸面]コマンド
03-B ソファセットの作図-1人掛けソファ-ひじ掛け、背もたれ-[円]コマンド[半円]
03-C ソファセットの作図-1人掛けソファ-合体-[パラメトリック変形]コマンド-[移動]コマンド-[データ整理]コマンド
03-D ソファセットの作図-3人掛けソファ-[分割]コマンド
03-E ソファセットの作図-[移動]コマンド
03-F ソファセットの作図-[図形登録] 03-G 家具のレイアウト-[図形読込]コマンド
04文字・寸法の記入
04-A [文字]コマンド
04-B [寸法]コマンド
04-C 課題
05終了処理
終了処理
01 ファイルの保存
01 ファイルの保存
02 下準備
02-A [移動]コマンド
03 通り芯・通り芯符号・通り芯間寸法の作図
03-A [複写]コマンド-交差線選択
04レベルラインの作図
04-A 1FLのガイドの作図-[線]コマンド、[移動]コマンド
04-B 1FLのガイドの調節-[伸縮]コマンド-突出寸法
04-C 全てのレベルラインの作図-[属性取得]コマンド-[属性変更]コマンド
04-D レベルラインに寸法を記入-[寸法]コマンド
04-E レベルラインの文字を記入-[文字]コマンド
05外壁の作図
05-A 外壁の作図-[線]コマンド
05-B 外壁の作図-[表示のみレイヤ]-[All]
06建具の作図(2F・3F)
06-A ガイドの作図-[線]コマンド
06-B ガイドの作図-[複線]コマンド
06-C 窓枠の作図-[矩形(くけい)]コマンド
06-D 框の作図-[複線]コマンド-[連続線選択]-[両側複線]
06-E 窓を図形登録-[図形登録]コマンド
06-F 登録図形の読込み[図形読込]コマンド-[作図属性]
06-G レイヤと線属性の変更-[属性変更]コマンド
06-H 寸法の確認-[測定]コマンド
06-I 課題
07終了処理
07 終了処理
01 ファイルの保存
01 ファイルの保存
02 建具の作図(1F)
02-A 1Fの建具の読込-[図形読込]コマンド
02-B 引き違い窓の高さの測定- [測定]コマンド
02-C 引き違い窓の高さの変更-[パラメトリック変形]コマンド-計算式入力
03 体裁の調整
03-A 不要な図形の消去-[消去]コマンド-[連続範囲選択消去]
03-B 寸法周りの体裁調整-[パラメトリック変形]コマンド
04敷地の作図
04-A 地盤面の作図-[レイヤ一覧]ダイアログ、[伸縮]コマンド-[突出寸法]
04-B 地盤面の着色 ソリッド図形の作成-[矩形]コマンド-[ソリッド]
04-C ソリッド図形の表示順序
05レイアウトと印刷
05-A 立面図の貼付け –[レイヤグループ]
05-B 平面図の貼付け –[切取り選択]
05-C 通り芯符号の文字の大きさの変更-[属性取得 ]コマンド
05-D 部屋名の文字の大きさの変更-[属性選択]
05-E タイトルの作成-[文字]コマンド
05-G 課題
06終了処理
06 終了処理

PRICE[料金]

一括プラン

48,000円(税別)

受講期間:お申込みから3ヶ月

料金に含まれているもの

eラーニング受講費用、サポート費用(システムの使い方のご相談・講座内のご質問対応)